原田 伊織
IORI HARADA

作家。歴史評論家。京都市生まれ。大阪外国語大学卒。広告代理店でマーケティング・プランニング、コピーライティングやTBS系列「赤いシリーズ」などの番組企画に携わる。

2005年私小説『夏が逝く瞬間』(河出書房新社)で作家デビュー。『明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』が歴史書としては異例のヒット作となり、「明治維新論争」に火をつけた。明治維新三部作として他に『続・明治維新という過ち 列強の侵略を防いだ幕臣たち 』『明治維新という過ち・完結編 虚像の西郷隆盛 虚構の明治150年』がある。

著書にはほかに、官賊に恭順せず 新撰組土方歳三という生き方』(KADOKAWA)『日本人が知らされてこなかった「江戸」』(SBクリエイティブ)、『原田伊織の晴耕雨読な日々~墓場まであと何里?~』(毎日ワンズ)などがある。