科学ジャーナリスト
生田 哲
SATOSHI IKUTA

1955年北海道・函館生まれ。東京薬科大学卒業。がん、糖尿病、遺伝子研究で有名なシティ・オブ・ホープ研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)などの博士研究員を経てイリノイ工科大学助教授(化学科)。薬学博士。遺伝子の構造やドラッグデザインをテーマに研究生活を送る。帰国後は、生化学、医学、薬学などライフサイエンスを中心とする執筆活動と講演活動、脳と教育、脳と栄養に関する研究とコンサルティングを行う。主な著書に『子どもの脳は食べ物で変わる』(PHP研究所)、『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』(講談社)がある。

公式HP:「自分の健康を自分で守る」