中央大学非常勤講師
加藤 裕康
HIROYASU KATO

東京経済大学大学院コミュニケーション学研究科で博士(コミュニケーション学)の学位を取得する。現在は、中央大学ほかで情報社会論、メディア論、社会学、電子出版論などの講師を務める。コミュニケーション学の基礎理論をはじめ、社会学の視点からメディアや若者文化について研究を続けている。初の単著『ゲームセンター文化論』(新泉社、2011)で第22回橋本峰雄賞を受賞。その他の著書に『コミュニケーション・スタディーズ』(共著、世界思想社、2010)、『「文化系」学生のレポート・卒論術』(共著、青弓社、2013)、『デジタルの際』(共著、聖学院大学出版会、2014)、『レジャー・スタディーズ』(共著、世界思想社、2015)などがある。