法政大学教授
白鳥 浩
HIROSHI SHIRATORI

1968年生まれ。博士(政治学)。日本学術振興会特別研究員、長崎県立大学専任講師、静岡大学助教授を経て、現在、法政大学大学院公共政策研究科教授。ノルウェー王国オスロ大学政治研究所客員研究員、ドイツ連邦マンハイム大学客員教授、英国オックスフォード大学客員フェロー等を歴任。著書は『市民・選挙・政党・国家』(東海大学出版会)、『都市対地方の日本政治』(芦書房)など、編著として『政権交代選挙の政治学』『統一地方選挙の政治学』(ミネルヴァ書房)ほか。特に「シリーズ・現代日本の選挙」(ミネルヴァ書房)の選挙分析には定評がある。専攻は現代政治分析。国際・国内・地方の現代の政治変容に関心を持ち、テレビ・新聞等の各種メディアにおけるコメントでは的確な解説が評価を得ている。今後の与野党の健全な関係による日本の民主主義の発展を願っている。