理論物理学者
大栗 博司
HIROSHI OGURI
Photo:

理論物理学者。カリフォルニア工科大学教授、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構長。
1962年生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学大学院修士課程修了。東京大学理学博士。プリンストン高等研究所研究員、シカゴ大学助教授、京都大学助教授、カリフォルニア大学バークレイ校教授などを経て、現職。アスペン物理学センター理事でもある。
アメリカ数学会アイゼンバッド賞、フンボルト賞、仁科記念賞、サイモンズ賞、アメリカ数学会フェロー。
素粒子論を専門とする。一般向けに書かれた講談社ブルーバックス『大栗先生の超弦理論入門』で講談社科学出版賞受賞。スティーヴン・ワインバーグの『科学の発見』にいち早く着目し、日本に紹介した。日本科学未来館で上映された『9次元からきた男』を監修、同作は国際プラネタリウム協会の最優秀教育作品賞を受賞。2019年紫綬褒章を受章。