公認心理師・臨床発達心理士
宮内 洋
HIROSHI MIYAUCHI

日本学術振興会特別研究員DC1、日本学術振興会特別研究員PD、高崎健康福祉大学短期大学部児童福祉学科助教授等を経て、現在は群馬県立女子大学文学部国文学科教授。
主な著書は、単著書として『体験と経験のフィールドワーク』(北大路書房)、編著書として『あなたは当事者ではない-〈当事者〉をめぐる質的心理学研究-』(北大路書房)、『〈当事者〉をめぐる社会学−調査での出会いを通して』(北大路書房)、『共有する子育て-沖縄多良間島のアロマザリングに学ぶ-』(金子書房)、分担執筆として志水宏吉編『教育のエスノグラフィー』(嵯峨野書院)、好井裕明・桜井厚編『フィールドワークの経験』(せりか書房)、無藤隆・麻生武編『質的心理学講座第1巻 育ちと学びの生成』(東京大学出版会)など。詳細は個人ホームページにて公開(http://miyauchi-hiroshi.com/record/index.html)。