関西大学法学部教授
坂本 治也
HARUYA SAKAMOTO

1977年兵庫県生まれ。2005年大阪大学大学院法学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(法学)大阪大学。琉球大学准教授、関西大学法学部准教授、UCLAテラサキ日本研究センター客員研究員を経て、現職。専攻は、政治過程論、市民社会論。主な著書として、『ソーシャル・キャピタルと活動する市民』(単著、有斐閣、2010年、日本NPO学会林雄二郎賞、日本公共政策学会奨励賞受賞)、『現代日本のNPO政治』(共編著、木鐸社、2012年)、『市民社会論』(編著、法律文化社、2017年、日本NPO学会林雄二郎賞受賞)、『現代日本の市民社会』(共編著、法律文化社、2019年)。