井上 晴夫
HARUO INOUE

1947年、滋賀県生まれ。69年、東京大学工学部工業化学科卒業。72年、同大学大学院工学系研究科を修了し、東京都立大学工学部の助手となる。83年、博士号を取得し、日米科学技術協力事業によりノースカロライナ大学へ7カ月間留学。85年、東京都立大学講師。87年、同大学助教授に就任し、金属ポリフィリンを用いた水を電子源とする可視光電子伝達反応系を発表。91年、同大学教授。2000年11月、CREST「水を電子源とする人工光合成システムの構築」研究代表者(~05年10月)。05年より現職。