美術家
大崎 晴地
HARUCHI OSAKI

1981年、東京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士課程修了。博士(美術)。「障害の家」プロジェクト主宰。心と身体、発達のリハビリテーション、精神病理学の領野にかかわりながら、作品制作・研究活動を行っている。
主な展示に「HYPER-CONCRETENESS―フィクションと生活」(京島長屋、2018)、「Reborn-Art Festival」(宮城、2017)、「《障害の家》プロジェクト」(千住たこテラス、2017)、「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」(KAYOKO YUKI、駒込倉庫、2016)等。