歴史学者
鈴木 董
TADASHI SUZUKI

1947年、神奈川県生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、法学博士。東京大学名誉教授。オスマン帝国史、比較文明、比較文化に深い関心をもつ。主な著書に、『オスマン帝国——イスラム世界の「柔らかい専制」(講談社現代新書)、『オスマン帝国の解体——文化世界と国民国家』(講談社学術文庫)、『文字と組織の世界史——新しい「比較文明史」のスケッチ』『大人のための「世界史」ゼミ』(以上、山川出版社)などがある。