美術史家
宮崎 克己
KATSUMI MIYAZAKI

1952年生まれ。東京大学、パリ第4大学大学院などで美術史を学ぶ。ブリヂストン美術館副館長などを経て現在、昭和音楽大学教授。専門は、美術史、文化交流史。主として絵画的領域における日欧の交流史を研究。この間、ジャポニスム学会で理事長などを務める。著書に『ルノワール──その芸術と青春』(六曜社)、『西洋絵画の到来──日本人を魅了したモネ、ルノワール、セザンヌなど』(日本経済新聞出版社)、共著に『ジャポニスム入門』(ジャポニスム学会編、思文閣出版)、訳書に『セザンヌ』(メアリー・トンプキンズ・ルイス著、岩波書店)がある。また、企画した展覧会に「モネ展」「ルノワール展」などがある。