投資家
ジム・ロジャーズ
JIM ROGERS

1942年米国アラバマ州出身の世界的投資家。イェール大学とオックスフォード大学で歴史学と哲学を修めたのち、ウォール街で働く。ジョージ・ソロスとクォンタム・ファンドを設立し、10年で4200%という驚異的なリターンを叩き出す。37歳で引退後はコロンビア大学で金融論を教えるなど活躍。2007年に「アジアの世紀」到来を予測して家族でシンガポールに移住し、その後も数多くの投資活動と講演を行う。著書に『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』(講談社+α新書)、『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する』(PHP新書)、『ジム・ロジャーズ 大予測 激変する世界の見方』(東洋経済新報社)、『危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来』(日経BP)、『冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 』『冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界大発見』(以上、日経ビジネス人文庫)、『世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60』(プレジデント社)などがある。