関西大学社会学部 メディア専攻 教授
三浦 文夫
FUMIO MIURA

1980年慶應義塾大学経済学部卒業、電通を経て2012年より現職。radikoを考案、実用化。音楽アーカイブ構築などを手がけている。慶應義塾大学SFC 研究所上席所員、radikoフェロー、アーティストコモンズ実証連絡会幹事、スペースシャワーネットワーク社外取締役、関西大学音楽アーカイブ・ミュージアムプロジェクト代表、サイバー関西プロジェクト幹事、マルチスクリーン型放送研究会顧問、元民放連ラジオ再価値化研究グループ座長、民放連シェアラジオ推進部会特別委員、民放連ハイブリッド型ラジオ研究部会特別委員。著書に『インターネット世界への扉』(マガジンハウス)、『デジタルコンテンツ革命』(日本経済新聞社)、『少女時代と日本の音楽生態系』(日経プレミアシリーズ)。