立命館大学文学部教授
坂下 史子
FUMIKO SAKASHITA

神戸女学院大学文学部英文学科卒業後、同志社大学大学院アメリカ研究科で修士、ミシガン州立大学大学院アメリカ研究プログラムでPh.D.取得。現在、立命館大学文学部教授。専門はアメリカ研究、人種暴力と抵抗の歴史。関連する論文に「人種暴力の記憶化と写真—『沈黙の行進』から『黒人の命も大切』運動へ」『ヴァナキュラー文化と現代社会』(思文閣出版)、共著に『「ヘイト」の時代のアメリカ史—人種・民族・国籍を考える』(彩流社)など。『ニュースで深掘り英語 Vol. 2(2020秋冬)』(ジャパンタイムズ出版)で「Black Lives Matter」のキーワード選定・解説、コラムを担当。