フリー編集者
小西 恵美子
EMIKO KONISHI

中央公論に入社後、1998年『婦人公論』のリニューアルに関わり、表紙とインタビューを担当。24歳のときに発症したリウマチが進行し、2006年に闘病のため退職、その後フリーランスの編集者として仕事を続けている。