東洋大学教授
神田 千里
CHISATO KANDA

1949年生まれ。東京大学文学部卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。高知大学教授を経て、現在、東洋大学文学部教授。博士(文学)。専攻は、日本中世史(中世後期の宗教社会史)。主な著書に、『宗教で読む戦国時代』(講談社選書メチエ)、『一向一揆と戦国社会』(吉川弘文館)、『戦国と宗教』(岩波書店)、『宣教師と『太平記』』(集英社新書)などがある。