コロンビア大学教授(歴史学)
キャロル・グラック
CAROL GLUCK

コロンビア大学歴史学教授。1941年、アメリカ・ニュージャージー生まれ。ウェルズリー大学卒業。
専門は日本現代史、現代国際関係、歴史学と記憶。1975年からコロンビア大学で教え、1977年、コロンビア大学で博士号取得。現在、グローバル思想委員会(Committee on Global Thought)委員長。1996年アジア学会会長。2006年、旭日中綬章受章。著書に『歴史で考える』(岩波書店)。共著に『日本はどこへ行くのか』(講談社学術文庫)、『思想史としての現代日本』(岩波書店)などがある。2019年夏には『戦争の記憶・学生との対話 コロンビア大学特別講義』(仮題・講談社現代新書)を刊行予定。