中央大学名誉教授
小林 道正
MICHIMASA KOBAYASHI

小林道正(こばやし・みちまさ)
1942年長野県生まれ。1966年京都大学理学部数学科卒業、1968年東京教育大学大学院修士課程修了。1980年から中央大学経済学部の教授を務め、2013年退職。現在、中央大学名誉教授。専門は、確率論、数学教育。数学教育協議会前委員長で、小中高校の数学教師とともに算数や数学を楽しくわかりやすく教える運動を進めている。趣味はクラシック音楽で、自らバイオリンを演奏するほど。
著書に『世の中の真実がわかる「確率」入門 偶然を味方につける数学的思考力』『文科系に生かす微積分 その基礎から社会現象の分析まで』(以上、講談社ブルーバックス)、『経済・経営のための数学教室 経済数学入門』(裳華房)、『能力を開く「数学的発想」法』(実業之日本社)、『数とは何か? 1、2、3から無限まで、数を考える13章』(ベレ出版)、『知識ゼロからの微分積分入門』(幻冬舎)など多数。