化学者
米山 正信
MASANOBU YONEYAMA

1939年、浜松工高応用化学科卒業。商工省燃料研究所(現・産業技術総合研究所)、東大輻射線化学研究所に勤務したのち、静岡県立高校の教諭を長く勤めた。つまずきやすい化学の“難所”を平易明解に語れる人物として有名。かゆいところに手の届く、わかりやすい解説で、多くのファンを持つ。著書に『イオンが好きになる本』『化学ぎらいをなくす本』『有機化学が好きになる』『化学とんち問答』(講談社ブルーバックス)など多数ある。2002年逝去