日本大学藝術学部教授
佐藤 綾子
AYAKO SATO

1947年長野県生まれ。信州大学教育学部卒業、育児をしつつ英語通訳国家試験合格。その後上智大学大学院英文科に入学、アメリカ演劇専攻。上智大学大学院博士課程在籍のまま、ニューヨーク大学大学院パフォーマンス研究学科修士課程入学。1980年同大学院を卒業し日本に帰国。玉川大学非常勤講師。上智大学大学院博士課程 満期修了。その後実践女子大学助教授に就任。89年国際パフォーマンス研究所を創設し代表就任。92年国際パフォーマンス学会を設立、学会専務理事。93年実践女子大学教授に就任。97年7月8日社団法人パフォーマンス教育協会設立、理事長に就任。2001年2月14日博士号(パフォーマンス学・心理学)「人間関係づくりにおける非言語的パフォーマンスの研究」論文により博士号取得(立正大学)。2004年より日本大学芸術学部研究所教授、08年4月より日本大学芸術学部教授。『出会う人みんなを味方にしよう!』(日本教文社)、『できる大人の「見た目」と「話し方」』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著者多数。