医師・作家
永井 明
AKIRA NAGAI

1947年、広島生まれ。東京医科大学卒業。モントリオール大学国際ストレス研究所所員、神奈川県立病院内科医長を経て、1988年より物書き稼業に転身。医療ルポルタージュや評論を中心に活動。著書に『ぼくが医者をやめた理由』『新宿医科大学』『看護婦ヒロタの場合』『病気の値段』『医療技術の最前線』など多数ある。