産経新聞台北支局長
矢板 明夫
AKIO YAITA

1972(昭和47)年、中国天津市生まれ。15歳のときに残留孤児2世として日本に引き揚げ。千葉県出身。慶應義塾大学文学部を卒業後、松下政経塾に入塾(第18期)。その後、中国社会科学院日本研究所特別研究員、南開大学非常勤講師を経験。2002年、中国社会科学院大学院博士課程修了後、産経新聞社に入社。『習近平 共産中国最弱の帝王』(文藝春秋)で、第7回樫山純三賞受賞。2020年から産経新聞台北支局長。著書に『中国人民解放軍2050年の野望』『米中激突と日本の進路』(古森義久氏との共著)、『私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた』(石平氏との共著)などがある。