横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授
須川 亜紀子
AKIKO SUGAWA

英国ウォーリック大学大学院映画・テレビ学科博士課程修了。PhD(博士)。日本アニメーション学会会長。専門は、アニメーションや2.5次元舞台などのポピュラー文化論、オーディエンス/ファン研究。アニメにおける少女表象やオーディエンスについてジェンダーの観点から研究。最近は「2.5次元文化」におけるファン研究に従事。単著に『少女と魔法―ガールヒーローはいかに受容されたのか』(日本アニメーション学会賞2014受賞、NTT出版、2013)、『2.5次元文化論―舞台、キャラクター、ファンダム』(青弓社、2021)、共著にShôjo Across Media (Palgrave Macmillan, 2019)、Contents Tourism and Pop Culture Fandom (The Channel View, 2020) 、共編著に『アニメ研究入門<応用編>』(現代書館、2018)、『アニメーション文化55のキーワード』(ミネルヴァ書房、2019)など。

最新記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/