京都大学教授
松本 吉泰
YOSHIYASU MATSUMOTO

京都大学工学部卒、同大学院修士課程修了。東京大学工学博士。米国ピッツバーグ大学博士研究員、理化学研究所研究員、自然科学研究機構分子科学研究所・総合研究大学院大学助教授、教授を経て、現在、京都大学大学院理学研究科・教授。専門は分光学的手法による固体表面・界面、光触媒、有機半導体における構造と超高速過程の解明。2006年日本化学会学術賞受賞。趣味はヴィオラ演奏。著書『分子レベルで見た触媒の働き』(講談社ブルーバックス)ほか