広島大学名誉教授
吉沢 康和
YASUKAZU YOSHIZAWA

昭和元(1926)年大阪生まれ。旧制浪速高等学校から大阪大学理学部物理学科卒の浪速っ子。大阪大学理学部助手、同助教授を経て広島大学理学部教授。現在、広島大学名誉教授、産業技術短期大学教授。専門は核物理学・核化学。1961年から2年間コペンハーゲンのニールス・ボーア研究所で研究に従事し、死の直前のボーアの謦咳(けいがい)に接した。現在も年に一度は同研究所に滞在し、原子核の研究を行っている。