国立天文台副台長
渡部 潤一
JUNICHI WATANABE

1960年、福島県生まれ。東京大学大学院中退後、東京大学東京天文台助手、ハワイ大学天文学研究所客員研究員などを経て、国立天文台副台長、教授。総合研究大学院大学物理科学研究科天文科学専攻教授。理学博士。主な著書に、『しし座流星雨がやってくる』(誠文堂新光社)、『新・天体カタログ』(立風書房)、『星空を歩く』(講談社現代新書)などがある。