国立遺伝学研究所名誉教授
太田 朋子
TOMOKO OHTA

1956年東京大学農学部農学科卒業、1966年アメリカ・ノースカロライナ州立大学大学院博士課程修了。1967年から学術振興会奨励研究員として国立遺伝学研究所集団遺伝部で研究を開始、1969年より同研究所研究員となる。現在は同研究所名誉教授。Ph.D.、理学博士。猿橋賞、遺伝学奨励賞、クラフォード賞など受賞、2016年に文化勲章受勲。日本人女性研究者では唯一のアメリカ国立科学アカデミー外国人会員でもある。著書『分子進化のほぼ中立説』(講談社ブルーバックス)ほか