武蔵工業大学名誉教授
伊藤 泰郎
TAIRO ITO

1935年、長野県に生まれる。1960年、武蔵工業大学電気工学科卒業。その後、武蔵工業大学に勤務。工学博士。1980年より1年間、アメリカ・クラークソン大学客員研究員。武蔵工業大学教授、工学部長を経て、2004年定年退職。現在、武蔵工業大学名誉教授、桐蔭横浜大学客員教授、日本オゾン協会理事。専門はオゾン生成プロセス、大気環境浄化システム、絶縁劣化診断法など。
著書『オゾンの不思議』『見えないものを見る技術』(講談社ブルーバックス)ほか