理化学研究所・栄誉研究員
甘利 俊一
SHUN-ICHI AMARI

1936年東京生まれ。東京大学工学部卒業、同大大学院数物系研究科博士課程修了。工学博士。東京大学教授、パリ大学客員教授、ルーバン大学特任教授などを経て、2003年より理化学研究所脳科学総合研究センター長。現在は、同センター特別顧問。東京大学名誉教授。神経回路網の数理的研究において数々の業績をあげ、IEEE Neural Networks Pioneer賞(1992年)など受賞も多数。国際神経回路学会創設理事、同学会会長も務める。2012年には文化功労者に選出され、2019年に文化勲章受章。著書に『情報理論』(筑摩書房)、『バイオコンピュータ』(岩波書店/1987年講談社科学出版賞受賞)、『脳・心・人工知能』(講談社ブルーバックス)など。