マックス・プランク重力物理学研究所シニア研究員
和南城 伸也
SHINYA WANAJO

1967年、埼玉県生まれ。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。博士(理学)。国立天文台研究員、上智大学理工学部助手、東京大学大学院理学系研究科研究員、マックス・プランク天体物理学研究所客員研究員、理化学研究所研究員、上智大学理工学部特任准教授などを経て、現在、マックス・プランク重力物理学研究所シニア研究員。
専門は宇宙物理学および天文学。とくに、中性子星合体や超新星爆発における元素合成、重力波対応天体、銀河化学進化の研究など。
著書に、『元素はいかにつくられたか 超新星爆発と宇宙の化学進化』(岩波書店、2007年、共著)、『なぞとき 宇宙と元素の歴史』(講談社、2019年)がある