名古屋大学名誉教授
美宅 成樹
SHIGEKI MITAKU

1949年三重県生まれ。1976年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。東京大学工学部物理工学科助手、東京農工大学工学部教授を経て、名古屋大学工学研究科教授。理学博士。生物物理学会、物理学会の運営委員、理事など歴任。ヒトゲノム計画には当初から参加。専門は生物物理学、バイオインフォーマティクス。研究テーマは膜タンパク質の立体構造形成メカニズム、ゲノム情報からタンパク質の構造・機能への理論的予測。
著書『子どもにきちんと答えられる遺伝子Q&A100』(講談社ブルーバックス)ほか多数ある