東海大学名誉客員教授
中村 誠太郎
SEITARO NAKAMURA

1913年、彦根生まれ。1941年、京都大学理学部物理学科卒業。理学博士。湯川秀樹博士の最初の直弟子で、専攻は素粒子論・原子核物理学。東京大学理学部教授、日本大学教授、東海大学教授を経て、東海大学名誉客員教授。『相対性理論の世界』『量子の謎をとく』(講談社ブルーバックス)他、著訳書多数。2007年逝去。