医学博士
上田 敏
SATOSHI UEDA

1932年福島県生まれ。東京大学医学部卒業。医学博士。1964年、ニューヨーク大学リハビリテーション医学研究所留学。帰国後、創設間もない東大病院リハビリテーション部に専属医として勤務。東京大学医学部教授、同リハビリテーション部部長を長くつとめ、退官後は帝京大学教授、同大学医学部附属市原病院リハビリテーション科科長、帝京平成大学教授、日本社会事業大学社会事業研究所客員教授などを歴任。
リハビリテーション医学の日本におけるパイオニアの1人。なかでも脳卒中などの神経系疾患が専門。国際リハビリテーション医学会名誉会員(元会長)、日本障害者リハビリテーション協会顧問。
著書『リハビリテーション』(講談社ブルーバックス)ほか多数ある