東京大学名誉教授
水島 三一郎
SAN-ICHIRO MIZUSHIMA

1899年、東京日本橋生まれ。関東大震災の年に東京大学理学部を卒業し、1938年より東京大学教授。わが国の物理化学の先駆者で、特に分子構造論の研究では世界的に知られ、ノーベル化学賞の候補にものぼったことがある。門下からは世界の第一線で活躍する多くのすぐれた研究者が輩出した。1959年に東京大学を退官後、八幡製鐵東京研究所所長。1961年に文化勲章を受ける。日本学士院会員、東京大学名誉教授。バチカン市国科学アカデミー会員に選ばれたほか、アメリカなど数ヵ国の科学アカデミーの名誉会員でもあった。息子に医学者・政治家の水島裕。1983年逝去。著書『物質とはなにか』(講談社ブルーバックス)ほか