関西学院大学理工学部数理科学科教授
示野 信一
NOBUKAZU SHIMENO

1964年石川県金沢市生まれ。東京大学理学部数学科卒業、東京大学大学院数理科学研究科博士課程修了、博士(数理科学)。東京都立大学助手、岡山理科大学准教授を経て、現在、関西学院大学理工学部数理科学科教授。著書に『演習形式で学ぶリー群・リー環』(サイエンス社)、『複素数とはなにか』(講談社ブルーバックス)。訳書にハーディ/ライト『数論入門 I, II』(丸善)などがある。専門は、リー群の表現論。趣味は山歩きで、休日には六甲山を歩いている