京都府立医科大学名誉教授
加藤 伸勝
NOBUKATSU KATO

1922年東京に生まれる。京都府立医科大学卒業。医学博士。東京都立松沢病院医員、医長、京都府立医科大学教授、東京都立松沢病院院長を歴任。酩酊犯罪者の精神鑑定に血中アルコール測定を導入した論文で学位を得たこともあり、アルコール症者の臨床とアルコール症の成立機序の神経化学的研究をつづけている。著書多数。理論より実践型の臨床家である。日本神経精神薬理学会名誉会員。2010年逝去