東京都立大学助教授
細田 昌孝
MASATAKA HOSODA

1933年、東京生まれ。東京教育大学理学部物理学科卒業。大阪大学理学部を経て、東京都立大学理学部助教授。理学博士。専攻は素粒子理論。野山を散策するのを趣味とし、重力を含む大統一理論の研究に打ち込んでいたが、1989年逝去された。