宇宙物理学者
マーティン・リース
MARTIN REES

1942年生まれ。宇宙物理学の世界的権威。ケンブリッジ大学宇宙論・宇宙物理学教授。英国王立天文台名誉天文台長。
ブラックホールや銀河の形成、高エネルギー天体物理学の分野で重要なアイデアを提起してきた。
大英科学振興協会の元会長で、一般向けの講演など、科学啓蒙活動も熱心におこなっている。
邦訳されている著書も『宇宙の素顔』(講談社ブルーバックス)など多数ある。