高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授
小林 誠
MAKOTO KOBAYASHI

1944年名古屋市生まれ。名古屋大学理学部物理学科卒業。同大学院理学研究科修了。京都大学助手、高エネルギー物理学研究所助教授、教授を経て、高エネルギー加速器研究機構(KEK)素粒子原子核研究所教授。理学博士。1973年に益川敏英氏(現京都大学基礎物理学研究所所長)と発表した「小林・益川理論」で3世代6種類のクォークの存在を予言。1994年、アメリカのフェルミ国立加速器研究所で「トップクォーク」の存在が確認されるにおよび、予言は実証された。仁科記念賞、アメリ力物理学会J.J.Sakurai賞、日本学士院賞、朝日賞、中日文化賞、ヨーロッパ物理学会高エネルギー・素粒子物理学賞、ノーベル物理学賞など受賞。
現在は名古屋大学特別教授、素粒子宇宙起源研究機構諮問委員会座長、高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授などをつとめる。
著書『消えた反物質』(講談社ブルーバックス)ほか