早稲田大学理工学術院総合研究所客員教授
斎藤 恭一
KYOICHI SAITO

1953年、埼玉県生まれ。1977年早稲田大学理工学部応用化学科卒業。1982年東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻博士課程修了。東京大学工学部化学工学科助教授、千葉大学工学部共生応用化学科教授を経て、現在、早稲田大学理工学術院総合研究所客員教授。社会に役立つ(たとえば、超純水を製造する、タンパク質を精製する)高分子材料の研究開発を進めている。著書に『道具としての微分方程式 偏微分編』(講談社ブルーバックス)ほか多数