航行支援アナリスト
園山 耕司
KOJI SONOYAMA

1935年生まれ。元航空管制官。航行支援アナリスト。防衛大学校応用物理科卒業。アメリカ空軍で航空管制を学んだのち、航空自衛隊で実務と航空行政の双方に携わる。1971年、日本の航空史上最大級の事故であった雫石上空での空中衝突事故の対策立案のため、2年間にわたって欧米4ヵ国の実情調査に参加。航空自衛隊保安管制気象団防衛部長などを経て1990年退官。2006年、瑞宝小綬章受章。著書に『新しい航空管制の科学』(講談社ブルーバックス)、『図解 座標科学でわかる航空管制』(秀和システム:第39回交通図書賞受賞)、『航空管制官はこんな仕事をしている』(交通新聞社:政府刊行物指定)他がある