昆虫写真家
海野 和男
KAZUO UNNO

1947年東京生まれ。少年時代より昆虫の採集や観察にあけくれる。東京農工大学で昆虫行動学を学んだあと、昆虫写真家として、日本はもとより、世界中に自然や昆虫を求めて撮影旅行をしている。ライフワークは昆虫の色彩、形態、行動などから進化について考察することである。日本自然科学写真協会会長、日本昆虫協会理事、日本写真家協会会員。趣味は旅先で酒と食事を楽しむこと。
著書『昆虫と擬態』(平凡社、1994年日本写真協会年度賞)、『大昆虫記』(データハウス)、『虫の観察学』(講談社ブルーバックス)など多数ある