慶應義塾大学医学部教授
坪田 一男
KAZUO TSUBOTA

慶應義塾大学医学部教授。医学博士。1955年東京都生まれ。1980年、慶應義塾大学医学部卒業。国立栃木病院眼科医長、東京歯科大学教授を経て現職。1985年より2年間、アメリカのハーバード大学に留学。専門は角膜移植、屈折矯正手術およびドライアイ。最近は眼科学の視点をもとに、研究の軸を抗加齢学や再生医学に広げている。著書に『眼の健康の科学』『近視を治す』『移植医療の最新科学』『理系のための研究生活ガイド』『理系のための人生設計ガイド』『理系のための研究ルールガイド』(いずれも講談社ブルーバックス)ほか多数。