外交評論家
河東 哲夫
AKIO KAWATO

1947年、東京生まれ。外務省入省後、ソ連・ロシア3回、計11年、西独ボン、スウェーデン、ボストン総領事、在ロシア大使館公使、在ウズベキスタン・タジキスタン大使を歴任。またハーバード大学、モスクワ大学に留学。2004年、外務省退官。日本政策投資銀行設備投資研究所上席主任研究員となり評論活動開始。東京大学客員教授、早稲田大学客員教授、東京財団上席研究員など歴任。おもな著書に、「遙かなる大地」(熊野洋の筆名によるロシア語小説、日本語版、草思社)、「意味の解体する世界へ」「外交官の仕事」「ワルの外交」「米・中・ロシア虚像に怯えるな」(いずれも草思社)。多言語ブログ「Japan and World Trends」を運営中。