作家
ジョン・テイラー
JOHN GERALD TAYLOR

1931年英国生まれ。ロンドン大学キングス・カレッジ名誉教授。数理物理学を専門とし、素粒子の場の理論をはじめ、生物化学、相対性理論に関する論文著書も多い。
1975年に講談社ブルーバックスから翻訳刊行された『ブラック・ホール』(渡辺正訳)は発売半年で45万部を突破し、最終的に同シリーズの累計部数歴代2位となる63万部を売り上げた。2012年逝去。