女子栄養大学名誉教授
小原 秀雄
HIDEO OBARA

1927年東京生まれ。国立科学博物館助手を経て、女子栄養大学教授。1998年定年退職、同大学名誉教授。専攻は哺乳類学。早くから、人間による動物の絶滅や全体的な動物界の変化に着目し、環境科学的な野生動物の保護論を展開している。
国際哺乳類学会、国際自然保護連合(IUCN)、世界自然保護基金日本委員会(WWF‐J)、総理府動物保護審議会などの役員、委員を歴任。現在、NPO法人野生生物保全論研究会会長、総合人間学研究会代表幹事、日本環境会議代表理事、ヒトと動物の関係学会顧問などをつとめる。著書、受賞多数ある