ミュンヘン工科大学名誉教授
森永 晴彦
HARUHIKO MORINAGA

1922年東京に生まれる。東京大学理学部卒業後、米国に留学。アイオワ州立大学、バーデュー大学、スウェーデンのルンド大学などで研究生活を送る。1957年帰国、東北大学助教授、東京大学教授をつとめる。その後、招かれて西ドイツ(当時)のミュンヘン工科大学教授となる。
専門は原子核物理学で、とくにインビームガンマ分光学の創出で仁科記念賞を受賞。2018年逝去された。