分子生化学者
江上 不二夫
FUJIO EGAMI

1910年東京生まれ。兄は東洋史学者の江上波夫。1933年東京帝国大学化学科卒業後、大学院を経てフランスに留学。1937年に帰国し、東京大学助手、名古屋大学理学部教授を経て、1958年より東京大学理学部生物化学科教授。1968年埼玉大学教授、1971年三菱化成生命科学研究所を設立し初代所長。1969年から1972年まで日本学術会議会長。
1957年、タカジアスターゼから核酸分解酵素の1種であるリボヌクレアーゼT1の分離・精製に成功。さらに無機塩呼吸系の提唱、生命の起源探求などで生命進化の分野に足跡を残した。早くから分子生物学の重要性に着目、柴谷敦弘、渡辺格らと「核酸研究会」を組織。日本への分子生物学の定着・促進につとめた。1966年朝日賞、1971年日本学士院賞を受賞。1982年逝去。著書・訳書多数