浜松医科大学名誉教授
高田 明和
AKIKAZU TAKADA

1935年、静岡県に生まれる。慶応義塾大学医学部を卒業し、同大学院を修了。ニューヨーク州立大学助教授、浜松医科大学教授を経て同大学名誉教授となる。医学博士。専攻は生理学。日本生理学会、臨床血液学会などの評議員。1989年、中国科学院より国際凝固線溶シンポジウム特別賞を受賞。1991年、ポーランドのビアリストク医科大学より、名誉博士号を受ける。血液と生理学分野で国際的な活躍をする一方、最新科学の成果を実生活に生かす具体的な方法を説いて、幅広い読者をもつ。
著書『「砂糖は太る」の誤解』『脳の栄養失調』(講談社ブルーバックス)ほか多数ある