【アメブロブロガー・オギャ子の「捨てる育児」#26】

3人兄弟の母でブロガーのオギャ子さん(ブログはこちら)が子育てをする中で、「これは引き算できる!」or「いや、これは流石にできない…」と学んだことについて、自身の経験談から書き下ろしの漫画と写真とともに教えていただく本連載『捨てる育児』、第26回目のテーマは「コロナ禍の学校の授業体制について​。

夏休みが延長になったり、分散登校になったり、オンライン授業が取り入れられたりと、各自治体によって対応に違いが出ている今、コロナの状況に合わせて随時やり方を変えたりと、さまざまに対応いただいている教職員の方々の苦労もさることながら、親や子供たちもその変化に対応すべく、いろんな調整に追われるなど、なかなか大変な状況ですよね。

もちろん例外なく、3人の子供の母であるオギャ子さんも、子供によって違う対応を随時しなければならないことで、かなり苦心されているそうで……。そんな中、子供たちの様子を見ていて、オギャ子さんの心境にも変化が……! 子供たちの姿から学んだこととはなんだったのでしょうか?

オギャ子さんのインスタグラム「オギャスタグラム」でもまだ出していない、未公開エピソードをご覧ください。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

イラスト・文/オギャ子

コロコロ変わる状況にてんやわんや…

\右にスクロールしてお読みください!/

IMAGE GALLERY
» 元の記事を読む